唯一無二のオリジナル作品が作れる

ワインボトル

結婚記念日や誕生日など、個人を祝う日というのはたくさんあります。そんな個人に対して祝う日には何かしらの贈り物をすると喜ばれますが、ただここで問題になるのが何を送ったら喜ばれるのか悩んでしまいます。そんな記念日に何を送ったらよいのか迷っている人においておすすめなのが、各企業が行っているオリジナルプロダクトサービスを利用することです。このオリジナルプロダクトサービスというのは、シャツやカップなどの製品を作る企業に依頼してオリジナル商品を作ってもらうサービスになります。そんなオリジナル商品を作ってもらうサービスの中で、特別なプレゼントを望む人で利用数が伸びているのがボトルエッチングサービスです。エッチングというのは食刻と呼ばれる技術であり、紙やガラスなど強い酸性によって溶ける材質を利用して素材を削り取る方法です。エッチングの流れとしては、事前にデザインしたい絵柄の枠を用意します。枠を用意できたら、それを溶かす素材を覆うようにあてはめます。そして枠にあけている空洞に対して酸性の液体を流すことによって、その空いた部分だけ削り取ります。空いた部分が削り取れたら、中和するか洗い流した後に枠を取り除いて空気に触れると固まる色素を注入するのです。この工程によって、紙やボトルといった素材に文字や絵を描くことができるので唯一無二の贈り物を作ることができます。

プリント技術の向上で写真すらも掲載できる

ワインボトル

液体を流すだけなので簡単にできるのがメリットでしたが、この方法だと絵柄や文字を入れるまでが限度で精密な絵を描くことはできなかったのです。その後ボトルエッチング業界に革命が起きて、液体で溝を掘る技術だけでなくレーザーカッター技術を導入する企業が増えています。レーザー技術の流れとしては、事前に企業に対して描いてもらいたい情報を伝えるまでは同じです。しかし枠を作る工程が省かれて、紙やガラスといった素材をレーザー光線の出る機器に装着します。顧客からもらった情報をパソコンの専用ソフトにインストールした後に、素材に合わせて加工した後のレーザー光線掃射機器にデータを送りだけです。データを送られたレーザー掃射機器は、その情報をもとに素材に対してレーザーを掃射して溝を掘ります。このレーザー光線掃射機器を使えることによって、酸を中和したり洗い流したりする手間が省けるので、すぐに着色作業に入ることができるので時短になります。さらにレーザー光線を掃射するメリットは、送った情報をもとに精密に溝を掘るのでこれまでできなかった精密な絵もボトルに描くことができるようになったことです。例えば絵や文字だけでなく、写真の映像を送ればその映像のままボトルに描くことができます。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中